WordPressおすすめプラグイン(3): Category Order

Category Order

WordPressおすすめプラグインの紹介、第3回です。今回も、個人的には必須ともいえるプラグインの紹介です。

カテゴリーの並び順を設定するプラグイン

WordPressでは、各ブログ投稿にカテゴリーを設定することで、投稿を種類別に分類できます。そしてサイドバーなどにカテゴリーウィジェットを設置すれば、カテゴリーのリストを表示でき、カテゴリー毎に整理された記事一覧ページを提供することができます。

しかしカテゴリーウィジェットが表示するカテゴリーのリストは、常にカテゴリーの名前順で表示されてしまいます。英語ならアルファベット順ですが、日本語だとアルファベット > ひらがな > カタカナ > 漢字のように並んでしまい、全くわかりやすい並び順とは言えない状態になってしまいます。せっかくならこの並び順も、意味ある順番に整然と並べたいものです。

このようなカテゴリーの並び順問題を解決してくれるのが、今回紹介するプラグイン「Category Order」です。

Category Order

「Category Order」プラグインは、カテゴリーウィジェットなどでカテゴリーのリストを表示する際の並び順を自由に設定できるようにしてくれるプラグインです。開発者はWessley Roche氏です。

このプラグインはWordPressの公式ディレクトリに登録されているため、管理画面の「プラグイン > 新規追加」から「Category Order」で検索すれば見つかり、そのまま管理画面上でインストールすることができます。

「Duplicate Post」プラグインは、日本語化対応がなされていません(プラグインのバージョン1.0.3現在)が、設定画面は直感的に操作できるため、特に問題はないように思います。

このプラグインの問題点として、プラグインの最終更新日が8年前(2016年3月11日現在)となっており、テスト済の対応する最新バージョンがWordPress 2.5.1とかなり古いバージョンのまま止まっています。幸いなことに最新のWordPress 4.4.2でも正常に動作します(2016年3月11日現在)が、将来的にWordPressのバージョンアップによって動作しなくなると、代替のプラグインに切り替える必要が出てくるかもしれません。

Category Orderの使いかた

「Category Order」プラグインをインストールし有効化すると、管理画面の「投稿」に「Category Order」というメニューが追加されます。

この「投稿 > Category Order」画面で、直感的にカテゴリーの並び順設定を行うことができます。

Category Order画面Category Order画面

この画面では、作成済のカテゴリーがグレーの枠で並べられています。この各カテゴリーの枠をドラッグ&ドロップで上下に移動させることで、カテゴリーを自由に並べ替えることができます。

WordPressのカテゴリーは、親子関係を指定して階層構造にすることができます。そのように親子関係を設定したカテゴリーがある場合は、それぞれの子カテゴリーの並び順も設定することができます。子カテゴリーをもつ親カテゴリーにある「More »」操作リンクをクリックすれば子カテゴリーの並べ替え画面に移動するので、子カテゴリーも同様にドラッグ&ドロップで並べ替えを行えます。子カテゴリー並べ替え画面の「« Back」操作リンクをクリックすれば、親カテゴリーの並べ替え画面に戻ることができます。

親子カテゴリ間の移動親子カテゴリ間の移動

カテゴリーを自由に並べ終えたら、最後に「Order Categories」ボタンをクリックすることで並び替えを保存でき、設定完了となります。

これで、カテゴリーウィジェットで表示するカテゴリーのリストを設定した通りの並び順にすることができました。

カテゴリーのリスト 並び替え完了カテゴリーのリスト 並べ替え完了

またカテゴリーウィジェットの他に、テンプレートで自由な箇所に設置できるテンプレートタグ wp_list_categories() 関数で表示する場合にも、同様の並び順が反映されます。(ただし、orderbyパラメーターで並び順を指定した場合はCategory Orderの設定よりもパラメーター指定が優先されます。)

最後に

せっかくカテゴリーのリストで整理された記事一覧ページを提供するのなら、やはりその並び順も整頓されているとより理想的に思います。ブログ投稿が増えてきて記事の数も種類も豊富になってくると、その重要性はより大きくなってくるでしょう。