今日の作業BGM(1): たりないふたり / Creepy Nuts

たりないふたり / Creepy Nuts

個人事業でのホームページ制作業務のほとんどを占めるのが、自宅でパソコンと向き合うデスクワークです。その孤独な作業の間、私にとってなくてはならないのが、音楽です。今回からの「今日の作業BGM」シリーズでは、新譜旧譜問わず、お気に入りのCDアルバムをご紹介していきたいと思います。

たりないふたり / Creepy Nuts

今日ご紹介するのは、ラッパーのR-指定とDJ兼トラックメイカーのDJ 松永による1MC1DJのヒップホップユニット、Creepy Nutsの5曲入りミニアルバム「たりないふたり」です。2016年1月20日に発売されました。

たりないふたり / Creepy Nutsたりないふたり / Creepy Nuts

1曲目「合法的トビ方ノススメ」

ラップ担当のR-指定さんは、フリースタイルラップバトルの大会ULTIMATE MC BATTLEで2012年~2014年、3年連続優勝の偉業を成し遂げたバトルMCの実力者で、2015年9月より始まったテレビ朝日のフリースタイルバトル番組「フリースタイルダンジョン」にもレギュラー出演しています。この番組が回を重ねるごとに好評を博し、今年に入ってからは2016年1月20日に日本テレビ系で放送された「ナカイの窓」ラッパーSPにも出演しここでもフリースタイルラップを披露するなど、お茶の間での知名度も高まってきているラッパーです。

フリースタイルダンジョン第6回 14分頃からR-指定が登場

そんなタイミングで発売されたこのアルバムは、初回入荷分が即完売してしまったようで、私は追加入荷を待ってようやく手に入れることができました。

R-指定さんのMCバトルでの即興ラップではそのボキャブラリーの豊富さ、頭の回転の速さからの切り返しの巧みさに本当に驚かされるばかりですが、音源の作品を聴くとその根底にある深い心の闇に触れずにはいられません。内向的で卑屈で偏屈、明るくなかった学生時代に積み重ねてきたであろう鬱屈した負の感情を、卑屈な目線で、時に面白おかしく、時に懐かしく、また時に現在進行形で、終始高いクオリティの言葉遊びを混じえてぶちまけるラップがたまりません。4曲目「中学12年生」では「前略プロフ」「魔法のiらんど」などの絶妙に懐かしい、学生に大人気だったインターネット用語が出てきてニヤっとさせられます。

おすすめ曲

2曲目「みんなちがって、みんないい。」は日本語ラップ界の様々なスタイルのラッパーがお互いにお互いをディスり合う様を、R-指定さんがすべてラップの仕方を変えて1人で演じるというもの(1人10役以上)で、ギャングスタラッパーからアイドルラッパーまで演じ分けていて、日本語ラップ界への高い分析力と、深い愛を感じる曲です。MCバトルでの切り返しの上手さ、揚げ足取りの上手さはこういった超俯瞰視点からも来ているのだと感じさせてくれます。